レシピ

秋のご馳走、さんまの蒲焼き丼

秋のご馳走、さんまの蒲焼き丼

材料 / 2人前 調理時間40分
さんま(三枚おろし) 2尾分
塩   少々
酒   少々
片栗粉   適量
ごはん  お茶碗2杯分
卵    2個
さやいんげん  10本
サラダ油    大さじ1
ごま油     小さじ1
粉山椒    少々
【蒲焼ダレ】   
水  大さじ3
醤油  大さじ1.5
酒  大さじ1
レアシュガースウィート  大さじ1.5
 

ポイント


秋味の代表格さんまをいつもの塩焼きとは違った食べ方でどうぞ。お子様にも喜んで食べていただける親しみやすい味のメニューです。
さんまは片栗粉をまぶしてパリッと焼き上げるために、皮目から焼きます。蒲焼だれは、フライパンに残った余分な油を取ってから作ると、味がよくからみやすくなります。
レアシュガースウィートはシロップなので調理がスムーズ。また、みりんがなくても照りがでます。

作り方

1   2   3
バットにさんまを並べ、塩少々と酒をふっておく。さんまの水気をとり、片栗粉を軽くまぶしておく。   薄焼き卵をつくり、錦糸卵にしておく。さやいんげんはひとつまみの塩(分量外)を入れた熱湯でさっとゆでて、斜め切りにしておく。   【蒲焼ダレ】の材料を合わせておく。
4   5   6
フライパンにサラダ油とごま油を熱し、1のさんまを皮目を下にして中火で焼く。皮目にこんがり焼き色がついたら、裏返して身にもさっと火を通す。   4の火を止め、フライパンの余分な油をペーパーで拭きとってから、たれをまわし入れて強火で煮る。タレにとろみがでてきたら、弱火にしてさんまを返しながら煮からめる。   器にごはんをよそい、錦糸卵といんげんをのせ、その上にさんまをのせて粉山椒をふりかける。